注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
伊吹山 高山植物 琵琶湖

最短20分で頂上へ!琵琶湖を一望できる絶景スポット「伊吹山」の基本情報

「アウトドアアクティビティを楽しみたい!」
「山登りが好き!」
「伊吹山ってどんな山?」
今回の記事はそんな方へ向けて書いています。

こんにちは!関西の観光情報を発信している「WABI SABI」です!

そんな関西の情報を発信している私たちが今回紹介するのは、滋賀県にある「伊吹山(いぶきやま)」についてです。

季節と共に移りゆく自然と、琵琶湖を見下ろせる滋賀の絶景スポットとして知られる伊吹山についてさっそく見ていきましょう!

【はじめに】伊吹山ってどんな山?

伊吹山
出典「PHOTOHITO」

伊吹山は滋賀県の米原市、岐阜県の揖斐郡、そして不破郡関ケ原町にまたがっている伊吹山地です。

標高は主峰部分が1,377mとされており、登山コースとして人気があります。

といっても、最短20分で頂上に到達できますから、初心者でも無理なく楽しむことが可能です。

この20分のコースは、車でスカイテラスまで向かい、そこから歩いて頂上を目指すというものです。

山道は整備されていますし、随所に案内がありますから、とても親切で登りやすいといえるでしょう。

アクセス方法も充実している!

伊吹山 アクセス
出典「amAtavi」

アクセス方法ですが、ドライブウェイの入り口までは名神高速関ヶ原ICから約2km、所要時間は10分ほどで到着します。

車以外にバイクでもアクセスできますし、路線バスやレンタカーにタクシーも可能となっています。

鉄道は、東京方面からだと東京駅でJR東海道新幹線に乗り、名古屋駅でJR東海道本線で大垣駅を目指します。

大垣駅以降は路線バスかレンタカーを利用することで、後は伊吹山ドライブウェイまで楽々です。

新大阪駅からは、JR東海道新幹線で米原駅、そこからはJR東海道本線で関ヶ原駅か、レンタカーで直接ドライブウェイに向かう形です。

金沢方面も同様に、JR北陸線で米原駅に向かって、JR東海道本線を経由するかレンタカーなどでドライブウェイ入り口へと向かいます。

このように、伊吹山に向かうアクセス方法は充実しているので、どの方面でも難なく辿り着けます。

季節と共に移りゆく自然と琵琶湖のコラボレーション!

伊吹山 高山植物 琵琶湖
出典「NAVERまとめ」

見どころはやはり、眼下に広がる琵琶湖で、そのスケール感はまさに圧巻です。

足下は崖なので、見とれて落ちないように気をつける必要はありますが、しかし思わず写真に残したくなるほどの景色が広がります。

季節によっては高山植物が花開きますから、花好きにも魅力的なスポットとなっています。

具体的には、ヒメレンゲとクサタチバナやイブキシモツケに、カノコソウやアザミといった花が見られます。

ヒメレンゲは6月頃、クサタチバナやイブキシモツケは早ければ5月には開花する傾向です。

蝶などの昆虫も思わず集まってきますから、虫を観察したい人にも向いているでしょう。

7月~8月も夏花が楽しませてくれるので、梅雨が明けた以降もおすすめです。

季節によって咲く花はこちら

登山を楽しみたい方向け

伊吹山 登山
出典「ビストロきっちょむ登山隊」

時間を掛けて登山を楽しみたい場合は、登山口から頂上を目指す、いわゆる上野コースをおすすめします。

開放的な見晴らしと美しい高山植物が見どころで、6時間30分ほどの所要時間は掛かるものの、充実した登山を味わうことができるでしょう。

コースは距離にすると約9.7kmで、標高差は約1164mと、登りごたえのあるコースになっています。

登山口から3合目までは約100分、3合目から山頂までは約130分で、帰りは150分が目安です。

スタート地点は三之宮神社が目印で、神社の近くには快適に使える清潔なトイレがあるので便利です。

300円の入山料が必要ですから、登山を始める前に忘れずに収めましょう。

伊吹山 登山
出典「岐阜新聞」

しばらくは樹林が続きますが、そこを頑張って登りきれば、トイレもある民宿が見えてきます。

以降は背の高い木が減っていくので、見どころでもある立派な伊吹山の姿や、山頂に向けた移り変わる景色が堪能できます。

山頂には日本武尊の像がありますから、これが見えたらもう一息ということになります。

6時間以上の登山はハードで、体力的に自信がないならば、4時間30分くらいで山頂に到達する上平寺コースが狙い目です。

京極氏遺跡を起点に、約160分を掛けて山頂へとあるき進むのが特徴です。

こちらも景色は樹林帯から始まりますが、難所のガレ場を登ってしまえば、残るは上野コースと合流する流れです。

上平寺城の城跡や本丸跡が存在しますから、高山植物だけでなく歴史まで楽しめるようになっています。

初心者&カンタンに頂上に行きたい方

しかし、山に慣れていなかったり運動不足気味な人にとっては、やはり不安がつきまといがちです。

最短20分のコースは、伊吹山の魅力や見どころを圧縮して味わえるので、山に不慣れだったり、観光を楽しみたい人におすすめします。

スカイテラスまでの道のりは30分ほどで、左右にうねる山肌を車で走ります。

道を進むと遠くに琵琶湖が見えてきますから、もう直ぐ西登山道に到着です。

この西登山道から登ると40分くらいの時間を要しますが、高山植物をじっくり観察するのに丁度良いです。

約20分の登山道は中央登山道で、やや急な山道が続きますが、階段が整備されているので難しくないです。

伊吹山
出典「GIFUMATIC」

山頂に辿り着けば、休憩処でコーヒーやアイスに軽食もいただけますから、空腹と相まって格別の食事が味わえます。

スカイテラスではお土産も買えますし、帰りは車から美しいシルエットが眺められますから、行きと共に帰りも心から満喫できるはずです。

アクセス方法に複数の選択肢が存在するので、その点は事前に確認する必要はありますが、好みや希望に合わせて選べるので魅力的です。

本格的な登山にも、観光ついでの登山の希望にも応えてくれますから、実に懐の深い魅力溢れる山です。

滋賀観光のお役立ち情報

この項では、滋賀県で更に充実して遊ぶ・観光することができる情報がまとめられているオススメ記事を紹介していきます。

滋賀県に足を運ばれる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

今回の記事は滋賀の絶景スポットとして有名な「メタセコイア並木」についての記事です。メタセコイア並木とは?[caption id="attachment_1195" align="alignnone" width="1024"] ph[…]

メタセコイア並木
関連記事

「彦根城に行く予定」「彦根城の基本情報や見どころを事前にチェックしておきたい!」今回の記事はそんな方に向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です!そんな関西の情報を[…]

彦根城 春 桜 お花見
関連記事

今回の記事は日本最大級のスケールを誇る琵琶湖花火についての記事です。より花火を快適に楽しむための情報を紹介していきます。はじめに[caption id="attachment_414" align="alignnone" width[…]

花火
関連記事

今回の記事は、夏に関西で遊べるオススメスポットを紹介していきます!はじめに皆さんは夏の休日に何をして過ごしますか?夏の間に一度は海や川などでアウトドアな遊びをする人は多いのではないでしょうか?今回の記事では、[…]

ビーチ

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

伊吹山 高山植物 琵琶湖
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG