注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
住吉大社

大阪の歴史的観光スポット「住吉大社」の歴史や魅力を徹底解説!

「住吉大社について興味がある!」
「近々住吉大社に行く予定」
今回の記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは!関西の観光情報を発信している「WABI SABI」です!

そんな関西の情報を発信している私たちが今回紹介するのは、大阪の歴史的観光スポットとして人気を誇る「住吉大社」についてです。

歴史や見どころ、アクセス情報などの基本情報を含めて紹介して言います。

それではさっそく見ていきましょう!

【はじめに】住吉大社って?

住吉大社

住吉大社は大阪市の住吉区にある神社ですが、区名の由来にもなった由緒ある神社で、かつては摂津国の一宮として栄えていました。

現在もビルや商店がひしめく市街地に位置していますが、周囲の喧騒とは打ってかわって、境内は池や樹木に囲まれた別世界になっていますので、一度は訪れてみたいスポットのひとつといえます。

海との関わりが深い歴史のある神社

住吉大社 歴史

住吉大社が創建されたのは神功皇后摂政11年、西暦に直すと211年のこととされています。

日本書紀にもすでに創建のいきさつが書かれていますが、それによれば、神功皇后は海を渡って半島まで進出して各国を平定して帰途につくものの、難波に向かっている最中に突然船が動かなくなってしまいます。

これを不審に思って占いをさせてみると、住吉三神が現在の場所に祀るように求めていることがわかりました。

そこで神功皇后は託宣のとおりに住吉三神を祀ったのが神社としてのはじまりであり、後に神功皇后もあわせて祀られるようになりました。

住吉大社 歴史

古代には海岸線の位置が現在よりも内陸にあったことから、当時はかなりの海沿いにある神社と認識されていたことでしょう。

このことから航海の安全や産業振興のご利益が昔から特に知られていて、瀬戸内海の沿岸をはじめとする各地に勧請され、現在では全国に同名の神社が2000か所以上もあるといわれます。

したがってこれらの神社の総本社の位置づけになっていると考えることができます。

住吉大社の見どころ

住吉大社 本殿
出典「ばずのブログ」

住吉大社は他の神社とはかなり建物のつくりが異なっています。

国宝に指定される本殿は、実は1つだけではなく、住吉三神と神功皇后の分のあわせて4つの建物にわかれていて、境内にちょうど翼を広げたようなかたちでそれぞれ独立した場所に建てられているのが特徴です。

このようなつくりは住吉造とよばれていて、他には福岡市博多区の住吉神社などにみられる程度で、かなり珍しいといえます。

住吉大社 南門
出典「みむメモ」

境内は広く本殿以外にもさまざまな建物や構造物がありますが、大きな南門やその東西にある楽所は国の重要文化財で、見どころのひとつです。

住吉大社 石舞台
出典「ahisats3のブログ」

境内の東南方向にある石舞台は、同じく国の重要文化財で日本三大舞台のひとつとされ、舞楽などの伝統芸能を舞う場所となっています。

住吉大社 太鼓橋

さらには正面の鳥居を過ぎた正面にある太鼓橋は、豊臣秀頼が造営したものといわれており、境内でももっとも写真映えのするスポットといえるでしょう。

昔から知られる住吉大社の意外なご利益とは!?

住吉大社
出典「住吉大社」

もともと海と関わりが深く航海安全のご利益で瀬戸内海一帯に広まったのはさておくとして、そのほかにも意外がご利益が多くあるのも知っておくとよいでしよう。

たとえば海といえば白砂青松の美しい自然の風景が思い浮かびますが、古代の人もやはり同様だったとみられ、いつしか和歌に織り込む風景にふさわしい名所という事実が転じて、和歌の神様としても知られるようになりました。

和歌をはじめ文学関係で上達を希望する人にとっては参拝におすすめの神社です。

住吉大社 相撲

ほかにも昔から年中行事で相撲が催されていたことから相撲の神様でもあります。

かつての相撲は現在のようなスポーツの一環ではなく、四股を踏む行為で大地の精霊を鎮めたり、勝敗で作物の豊凶を占ったりと、どちらかといえば宗教的な行為のひとつであり、神社という場にはふさわしかったといえます。

さらには神功皇后がみずから弓をとって戦ったことや、神社警護のために弓の名手を置いた故事もあって、弓道の神様としても知られます。

相撲について知っておきたい情報はこちら

関連記事

「日本の国技の相撲について深く知りたい!」「相撲ってどんな歴史があるの?」今回の記事は、そんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です!そんな関西の情報を発信[…]

日本の国技 相撲 力士

通年と期間限定で種類がある御朱印をいただくには?

住吉大社 御朱印
出典「ご朱印びと」

通常の御朱印は境内正面左手にある授与所でいただくことができ、受付時間は午前9時から午後5時までとなっています。

墨書の文字は住吉大社と神光照海の2つの種類があり、いずれも初穂料は500円です。

ほかに第一本宮の奥の境内社のものは、現地で9時から16時までの受付で、初穂料は同じく500円となっています。

これらは毎日拝受できますが、実は月に1回の初辰日のみの御朱印もあります。

月に1回の初辰日のみの御朱印は、3つの境内社の分で当日9時から16時までの受付です。

さらには年に1度の例祭日だけ拝受可能な御朱印があり、若宮八幡宮などそれぞれの摂末社の例祭にあわせて、当日9時から17時の間に授与所に申し出なければなりません。

したがって全種類を揃えようとすればかなりの労力を必要とします。

住吉大社の御朱印まとめ情報

毎日拝受できる御朱印

  • 境内正面左手にある授与所の御朱印
    • 受付時間:9:00~17:00
    • 種類:墨書の文字が住吉大社と神光照海の2つの種類
    • 初穂料:500円
  • 第一本宮の奥の境内社にある授与所の御朱印
    • 受付時間:9:00~16:00
    • 初穂料:500円

初辰日のみ拝受できる御朱印

  • 受付時間:9:00~16:00

例祭日だけ拝受できる御朱印

  • 受付時間:9:00~17:00

アクセス方法や拝観時間などの基本情報

住吉大社

住吉大社の住所は、〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89となっています。

電話番号は06-6672-0753、FAX番号は06-6672-0110です。

拝観時間は季節により異なっており、4月から9月は午前6時開門、10月から3月は午前6時30分開門が原則ですが、毎月初日と初辰日のみ例外的に午前6時開門となります。

閉門時間は通年で外周門が午後4時、御垣内が午後5時です。

アクセス方法は公共交通機関を使うのがもっとも便利で、阪堺電気軌道阪堺線住吉鳥居前駅から徒歩すぐです。

車の場合は阪神高速15号堺線の玉出出口から3分程度で、境内に有料駐車場があります。

基本情報まとめ

  • 名称:住吉大社(住吉大社)
  • 住所:〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89
  • 開門時間
    • 4月から9月:午前6時開門
    • 10月から3月:午前6時30分開門
    • 毎月初日と初辰日:午前6時開門
  • 閉門時間(通年)
    • 外周門:午後4時
    • 御垣内:午後5時
  • 最寄り駅:阪堺電気軌道阪堺線「住吉鳥居前」駅
  • 電話番号:06-6672-0753
  • FAX番号:06-6672-0110

【最後に】大阪に観光しに来ている人へ

どうでしたでしょうか?

住吉大社には沢山の見どころや魅力があることを知って頂けたのではないかと思います。

さて、この項では大阪に観光しに来ている方へ向けて、更に充実した大阪観光をして頂けるように知っておけば役に立つ情報がまとめられた関連記事を紹介しております。

大阪観光に来ている方、もしくは大阪に来る予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

「大阪の通天閣ってどんな魅力があるの?」「通天閣でオススメの楽しみ方ってなに!?」「通天閣で大阪グルメを食べたい!!」今回の記事は、そんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西の観光情報を発信している「WABI S[…]

通天閣 新世界 大阪旅行
関連記事

今回の記事は、JR大阪駅の構内図と、構内の改札や主要な施設への案内マップを紹介していきます。大阪駅の全体構内図[caption id="attachment_4638" align="alignnone" width="1024"][…]

関連記事

気になるトピックをクリック! グランフロント大阪とは おすすめスポット3選 フロアマップ グランフロント大阪おすすめランチ21選 グランフロント大阪おすすめディナー27選 グランフロント大阪おすすめカ[…]

グランフロント大阪
関連記事

皆さんは関西の代表的な観光地である「あべのハルカス」についてどれくらい知っていますか?今回は、商業施設、美術館、ホテル、レストラン、オフィスなど様々な顔を持ち、且つ絶景スポットとしても人気の「あべのハルカス」について紹介していきます[…]

あべのハルカス

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

住吉大社
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG