注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
海遊館

子供から大人まで楽しめる世界最大級の水族館「海遊館」に行ってみよう!

今回の記事は大阪にある世界最大級の水族館「海遊館」についての記事です!

子供連れの家族やカップル、お年寄りまで楽しめる大阪の代表的な観光スポットとして人気の高い「海遊館」の施設情報や楽しみ方、アクセス方法など役立つ情報を一挙ご紹介します!

海遊館のみどころ・楽しみ方

世界最大級の水族館として国内外から多くの観光客が集まる「海遊館」には他の水族館にはない見よくが沢山あります!

この項ではそんな「海遊館」の魅力と楽しみ方を紹介していきます!

それぞれの水槽にはテーマがある!

海遊館
出典「旅☆大好き! – 旅行」

海遊館に設けられているそれぞれの水槽にはテーマがあります。テーマを少しだけ頭に入れてから周る海遊館はそれまでとは違った見え方ができるはずですよ!

まず最初に見学するのが、熱帯魚が観察できる「魚の通り抜け・アクアゲート」です。この水槽はトンネル型の水槽で、自分が海の中にいるような感覚に浸ることができます!

また、その後に出てくる数々の水槽の中で特にインパクトの強い水槽が、「環太平洋火山帯をイメージした水槽」です!

この水槽には、海遊館のシンボル的存在のジンベイザメがとても大きな水槽の中を優雅に泳いでおり広大な太平洋を体感することができます。

インスタ映えスポット「海月銀河」で綺麗な写真を撮ってみよう!

海遊館
出典「pinterest」

インスタの流行により海遊館の中でも注目を集めているのが「海月銀河」です!

2018年3月にオープンした「海月銀河」では、暗い部屋の中クラゲの水槽がライトアップされており、その幻想的な姿を見て楽しみ、写真でも楽しむことができます。

展示されているクラゲの種類は約10種類で、それぞれの水槽が面白い形をしており、鏡張りになっている水クラゲの水槽は、万華鏡のようです!

その幻想的な風景を一度見てみてはいかがでしょうか⁉

海遊館の主役!?ジンベイザメを見てみよう!

海遊館
出典「tumblr」

海遊館といえば「ジンベエザメ」です!

ジンベイザメは世界で一番大きな魚と言われており、全長は10mを越すモノも多くいます。

ジンベイザメはその大きな体とは裏腹にとても穏やかなサメで、泳ぐスピードも時速4キロ程でとてもおっとりしており、エサもプランクトンなどの小さな微生物を食べて生きています。

そんなジンベイザメが見られる水族館は数少なく、海遊館はそんな数少ない水族館の内の一つです。

生き物たちとふれあえる!4階の「新体感エリア」

4階にある「新体感エリア」では、生き物たちとの距離がとても近く、サメやエイなどに関しては実際に触れ合う貴重な体験をすることができます。

小さな子供にとって、生き物と触れ合う体験はとても良い経験になるのではないでしょうか?

ぜひ子供連れで家族で遊びに行く人は4階の「新体感エリア」に行ってみてください!

お子さんも喜ぶこと間違いなしですよ!

生き物が食事をしている姿を見てみよう!

時間帯を狙ってみてみたいのが実際に生き物たちが食事をしているところが見られる、お食事タイムです!

多くの水族館にいる生き物たちのお食事シーンを間近で見ることができるので狙ってみてみてください。

専門ガイドさんや飼育員さんが詳しく解説してくれる生き物もいるのでとてもいい経験ができますよ!

食事の時間は海遊館の公式ホームページにスケジュールが公開されているので興味がある人は見てみてください!→海遊館公式ホームページ

小さなお子さん、車いすの人でも安心して楽しめる!

海遊館は小さな子供連れの人や足が不自由な方でも安心して楽しむことができます。

入り口には車いすやベビーカーの人用のエレベーターがあり、そのまま入館することが可能です。

しかし、祝日など多くの来館者がいるときはベビーカーなどで回るのは疲れてしまうかもしれないので、3階のサービスカウンターに預けて回ることをお勧めします。

また、小さなお子さんを連れていると、途中でグズり始めてしまうこともあると思います。

しかしそんな時でも海遊館は再入館することができるので安心して回ることができます。

再入館する際には、出口の近くにあるサービスカウンターで退館する前に再入館スタンプを押してもらいましょう!

デートの際に役立つ情報

ここまで紹介してきた海遊館の見どころだけでも十分楽しめますが、特にカップルにお勧めの海遊館の見どころは、17:00から始まる夜の海遊館です!

17:00になると館内の照明が暗くなり、BGMも変わりとてもロマンチックな雰囲気に早変わりします。

夜の海遊館の雰囲気はとてもロマンチックで、水槽の前にあるベンチに腰を掛けてゆっくりと夜の海遊館の雰囲気を楽しむことができます。

きっと思い出に残るデートになりますよ!

海遊館の施設情報・料金

  • 営業時間 :10:00~20:00(※最終入館は閉館の1時間前まで)
  • 休館日なし

料金

  • 大人(高校生・16歳以上)・・・2,300円
  • 子ども(小・中学生)・・・1,200円
  • 幼児(4歳以上)・・・600円
  • シニア(60歳以上)・・・2,000円

※3歳以下無料

※お得な料金プラン情報はこちらから→海遊館チケット情報

海遊館までのアクセス方法

位置情報

  • 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1-10

電車

  • 大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口から徒歩約5分

バス

  • 大阪シティバス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ
  • 南海バス「海遊館(天保山)」下車すぐ
  • 関西国際空港発 リムジンバス「天保山(海遊館)」下車すぐ

シャトル船

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンから船で約15分

※詳しいアクセス方法はこちらから→海遊館アクセス方法

最後に

海遊館をすべて回るのに要する時間は、大人で2時間くらいが平均的です。

子供連れだともう少し時間を要するかもしれません。

大阪以外の地域から大阪観光に来られる人は、ほかの観光地を回る時間が作れるので是非近くの観光スポットも調べて最高の休日にしてみてください!

以上〈子供から大人まで楽しめる世界最大級の水族館「海遊館」に行ってみよう!〉についての記事でした。

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

海遊館
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG