注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
日本酒

日本酒を飲み始めたい人必見!【種類・飲み方】まとめ

日本独自の製法で醸造されたお酒である「日本酒」。飲み始めたくても何から始めていいか分からない人も多いのではないでしょうか。今回は日本酒に詳しくなりたい人必見の基本情報をまとめてご紹介します!

種類を知っていこう!

日本酒は貯蔵期間・製法(精米・麴歩合やアルコール添加量)・味・香りによって様々な種類に区分することができます。日本酒を飲むときはお酒を選ぶのも楽しみの一つではないでしょうか。

日本酒の種類を一つ一つ見ていきましょう!

純米酒

日本酒 純米酒

醸造アルコールが含まれていない日本酒は「純米」と呼ばれ、精米歩合によって酒質や値段が異なってきます。精米歩合とはお米をどれだけ削っているのかを示す数値で、精米歩合が低いほど削っている数値が大きくなるので高価なものが多いです。

  • 純米大吟醸酒(じゅんまいだいぎんじょうしゅ)

使用原料:米・米麴
説明:原料米の精米歩合が50%以下と定められています。独特な香りや色沢があり、高価なものが多いです。

  • 純米吟醸酒(じゅんまいぎんじょうしゅ)

使用原料:米・米麴
説明:原料米の精米歩合が60%以下と定められています。独特な香味や色沢が良好です。

  • 特別純米酒(とくべつじゅんまいしゅ)

使用原料:米・米麴
説明:原料米の精米歩合が60%以下と定められています。純米吟醸酒と違い特別な製造方法でつくられているので、原材料の種類や製造方法によって酒質が異なってきます。

  • 純米酒(じゅんまいしゅ)

使用原料:米・米麴
説明:原料米の精米歩合は特に定められておらず、日本で古くから愛されているお酒。原料米の精米歩合の数値によって味が異なっており、濃厚な味わいのものが多いです。

本醸造酒

日本酒 本醸造酒

醸造アルコールが含まれた日本酒を「醸造酒」と呼びます。醸造酒は白米の総重量の10%未満と定められており、日本酒に醸造アルコールを入れることで香りが良く、辛口な仕上がりになります。

  • 大吟醸酒(だいぎんじょうしゅ)

使用原料:米・米麴・醸造アルコール
説明:原料米の精米歩合が50%以下で、醸造アルコールの添加量は少量です。

  • 吟醸酒(ぎんじょうしゅ)

使用原料:米・米麴・醸造アルコール
説明:原料米の精米歩合は60%以下で、大吟醸酒と同様に醸造アルコールの添加量は少量です。

  • 特別本醸造酒(とくべつほんじょうぞうしゅ)

使用原料:米・米麴・醸造アルコール
説明:原料米の精米歩合は60%以下で、醸造アルコールの添加量は多いです。香味や色沢が良好です。特別な製造方法でつくられているので、酒質が異なります。

  • 本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)

使用原料:米・米麴・醸造アルコール
説明:原料米の精米歩合が70%以下で、味や色が特に良好です。普通酒よりも味わいのあるまろやかな仕上がりになり、辛口の味が多いです。

普通酒(一般酒)

本醸造酒や純米酒のように特定名称の酒として分類されない日本酒。特選・上撰・佳撰などのような独自のランクがつけられており、日常生活の中でも一番よく見かける日本酒で、親しまれています。

  • 普通醸造酒

使用原料:米・米麴・醸造アルコール
説明:醸造アルコールの添加量が本醸造に比べ、多いことがよくあります。

  • 増醸酒

使用原料:米・米麴・醸造アルコール
説明:醸造アルコールや水を大量に使用して、糖類・酸味などの添加物を加えた三倍増醸酒をブレンドした酒です。

貯蔵期間によって区別

  • 新酒

説明:製造してから半年までの期間の酒。

  • 古酒

説明:製造してから1年以上貯蔵された酒。

  • 長期貯蔵酒

説明:製造してから3年以上経過した酒。

香り・味によって区分

  • 爽酒(そうしゅ)

説明:日本酒の中でも最も爽やかな味わいで、辛口。普通酒や本醸酒が当てはまり、すっきりといただけます。

  • 薫酒(くんしゅ)

説明:果実のようなフルーティーな香りが特徴。大吟醸が当てはまり、最近は人気が高まってきています。

  • 醇酒(じゅんしゅ)

説明:味がしっかりとしており、米の旨味を直接感じることができる一品。純米系の日本酒です。

  • 熟酒(じゅくしゅ)

説明:マイルドな味わいでスパイシーな香りが特徴。古酒などが当てはまります。

飲み方

日本酒の飲み方を受け手と注ぎ手に分類してみていきましょう!

受け手

日本酒 飲み方

  1. 酒を受ける前に杯に残っている酒をひと口飲みます。左手を下に添え、右手で差し出すと良いでしょう。※注いでもらう際は杯をテーブルの上に置かないで、必ず手で持つようにしましょう。
  2. 注いでもらったら、ひと口飲んでからテーブルに杯を置きましょう。

注ぎ手

日本酒 飲み方

  1. 上から右手で徳利を持ち、左手は注ぎ口の近くに添えます。静かに注ぐのがポイントです。徳利とは口近くにくぼみがあり、銅が膨らんでいる形の容器のことをいいます。
  2. 注いでいる際は強弱をつけ、注ぎ終わりにはお酒がしたたり落ちないように口先を軽く手前に回しましょう。

やってはいけないマナー

  • 徳利の中をのぞく行為。
  • 徳利を振って、中にお酒が残っているか確認する行為。
  • 手のひらを上にして注ぐ行為。
  • 杯を逆にしてテーブルに置く。
  • お酒をなみなみ注ぐ行為。
  • 複数の徳利に残っている日本酒を一つの徳利にまとめる行為。

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

日本酒
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG