注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
春日大社

【見方が180度変わる!!】春日大社の歴史・魅力・豆知識まとめ

今回の記事は奈良県の人気観光スポットとして連日多くの人が集まる世界遺産「春日大社」についての記事です。

大河ドラマ「天地人」により、より一層人気が高まった世界遺産「春日大社」、そんな「春日大社」の知っていればまた違った楽しみ方ができるお役立ち情報を一挙紹介していきます!

一度は行ってみたい奈良の世界遺産「春日大社」

春日大社
出典「トリップノート」

日本の歴史の町、京都と奈良には世界遺産が数多く存在します。

そんな世界遺産が多い関西圏で特に人気を誇るのが金閣寺清水寺、東大寺、そして今回紹介する「春日大社」です。

自然豊かな森に囲まれる中、朱色の神殿が神秘的な光景を作り出す「春日大社」は、NHKの大河ドラマ「天地人」からより一層注目を集めるようになった関西圏トップクラスの観光スポットです。

国内はもちろん、外国人観光客からも人気を誇る「春日大社」は、老若男女、季節を問わず年間を通して多くの人が足を運びます。

1300年程前の奈良時代に生まれた文化を体感することができる「春日大社」の魅力について掘り下げていきましょう!

「春日大社」の歴史

「春日大社」の歴史は、今から約1300年前の奈良時代までさかのぼります。

この項では設立当初から各時代ごとの「春日大社」の出来事について簡単に分かり易く紹介していきます。

奈良時代

春日大社
出典「あおによし」

「春日大社」が創建された見解はいまだはっきりとはしていませんが、一番有力な説が茨城県の有名な神社「鹿島神宮」の「武甕槌命(タケミカヅチノミコト)」と言われる神様を「春日大社」の裏山「御蓋山(みかさやま)」の山頂に迎え入れたことが始まりとされています。

その後、奈良時代後期の768年11月9日に、天皇から出された勅命で、当時の左大臣である藤原永手(ふじわらのながて)が現在の神殿を設立しました。

この背景から分かることは、「春日大社」を創建するに辺り、当時力を持っていた貴族の藤原氏一族が関わっていたことが分かります。

平安時代

春日大社

平安時代に入ると、奈良は都ではなくなってしまい奈良の寺院は廃れて言ってしまいました。

しかし、「春日大社」は平安時代の前半大きな勢力を誇っていた藤原氏一族の氏神様が祀られていた為、様々な貴重な調度品等が奉納されるなど、更なる発展を遂げていきます。

また、「興福寺」とも関係を持ち始めるようになり、平安時代中期には「春日大社」の境内で興福寺の僧侶による読経が行われるなど影響力を強めていきます。

中世から近世にかけて

春日大社
出典「世界遺産オンラインガイド」

平安時代が終わるにつれ、政治も変わっていきました。そんな中、藤原氏の勢力も平安時代よりは衰退していき「春日大社」の盛り上がりも収まっていきました。

一方で関係性の強かった「興福寺」が鎌倉時代に勢力が強まっていくのに伴って「春日大社」も存在感はしっかりと残していました。

鎌倉時代が終わると次第に「興福寺」は勢力を落としていきますが、江戸時代の将軍徳川家から「春日大社」は崇敬を受けておりそれほど勢力は落ちませんでした。また、この時代には様々な災害・戦災・天災が起こりましたが「春日大社」は被害をほとんど受けることなく現代まで引き継がれています。

なお「春日大社」を襲った災害は、境内での火災1回のみで、1300年の歴史がある建造物で被害が1度しかないというのは、何か強烈なパワーが発せられていると考えるほかないですね!

「春日大社」のここが良い!

国内外から多くの観光客が集まる日本を代表する観光スポット「春日大社」には沢山の魅力があります。

この項ではそんな「春日大社」の魅力やおすすめスポットを紹介していきます!

約2000基の石灯籠を見よう!

春日大社

「春日大社」の表参道に並ぶ約2000基の石灯籠は、圧巻の光景を作り出しています。

特に幻想的な風景を作り出しているのが、本社と若宮神社を結ぶ道にある石灯籠です。

この場所にある石灯籠は、石灯籠同士の間隔が狭く、石灯籠が密集しておりその姿は来た人を魅了してやみません。

森の中にたたずむ朱色の「中門」

「春日大社」のメインスポットとして確立しているのが、朱色の「中門」です。

自然豊かな周りにそびえる朱色の「中門」はとても幻想的な風景を作り出し、1300年という歴史が感じられる人気のスポットです。

圧巻 約1000基の釣灯籠!

春日大社

「春日大社」では約1000基もの鈴灯籠が見ることができます。

社殿の朱色の中で存在感を出しているのが鈴灯籠です。約1000基もの鈴灯籠は見た人を魅了します。

NHKの大河ドラマ「天地人」の「直江兼続(なおえかねつぐ)」が実際に奉納したと言われている釣灯籠が飾られています。

一度探してみてはいかがでしょうか?

施設情報

春日大社

  • 住所:奈良県奈良市春日野町160
  • 電話番号:0742-22-7788
  • FAX:0742-27-2114
  • 公式ホームページ:春日大社

営業時間

  • 4月~10月:6:30~17:30
  • 11月~3月:7:00~16:30

料金

  • 境内自由回廊内特別参拝:500円

国宝殿

  • 大人:500円
  • 大学生/高校生:300円
  • 中学生/小学生:200円

春日大社 萬葉植物園(神苑)

  • 大人:500円
  • 小人:250円

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

春日大社
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG