注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。

【和食編】相手を不快な気分にさせない為にも覚えておきたい食事のマナー

今回は、皆さんができているようで意外とできていない食事のマナーについての記事です。目上の人や、恋人とデートの際に食べ方が汚いだけであなたの印象は悪くなってしまいます。そうならないために、この記事では和食のマナーを紹介していきます。

箸の持ち方

和食manner

お箸の持ち方が違うと指摘されるのが一番恥ずかしいですよね?案外人は食事の際に箸の持ち方が違うことに気づく物です。なので、まずは今何気なく使っているお箸の持ち方を今一度確認してみましょう!

~お箸の正しい持ち方~

お箸の正しい持ち方は、下の箸を薬指と親指のつけ根で支え、且つ小指は薬指に添えます。また上の箸は人差し指と中指、親指の腹で支えましょう。食べ物をつかむ際は上の箸だけを動かして下の箸は固定しましょう。

箸先3cmだけで食べ物をつかむようにするとより美しく見えます。

お箸のNG作法

  • 迷い箸:料理の上で箸を迷わせる
  • ねぶり箸:箸の先をなめる
  • よせ箸:箸で器を引き寄せる
  • 涙箸:箸でつまんだ料理から汁を滴らせる
  • お皿の上に箸を置くこと

作法

和食には意外と知らない作法が多くあります。この項ではそんな和食の作法を紹介していきます。

姿勢

姿勢が悪い人はそれだけで行儀悪く見えてしまいます。食事の際は背筋を伸ばして、箸を口元にもっていきましょう。背中を丸め、お皿に口元を近づけて食べるのは良くありません。

器のマナー

和食の食器には、手で持って良い食器と、持ってはいけない食器があります。料亭など特別な席で和食を食される際は、これらのことも区別できるようにしておきましょう。

手で持って良い食器

  • お重や丼 ・刺身の盛り皿
  • 茶碗 ・お椀 ・小鉢・小皿
  • 小鉢付け汁などの器

手で持ってはいけない食器

  • 天ぷらの器
  • 魚料理の器
  • 手のひらより大きい器 (※お重・丼は除く)

NG作法

和食では小さなコトでも下記のようなやってはいけない動作があります。頭に入れておきましょう。

  • 器を重ねてはいけません。親切心で空いている器をまとめて片付けやすくする事がありますが、器を傷つけてしまう恐れがあるので元の位置に戻すだけにしておきましょう。
  • 取った蓋を表にしてはいけません、食べる前に器の蓋をすべて取り、裏返して置いておきましょう。
  • 手を受け皿にしてはいけません。一見、上品に見えるかもしれませんが和食ではNG作法です、汁をしっかり切ってから口元に運ぶようにしましょう。
  • お寿司屋さんでは腕に付いている金属類、固い物は外しましょう。お寿司屋さんのテーブルは一枚板でできていることが多く、大変高価です。テーブルを傷付けないためにも、腕に付いている物はあらかじめ外しておきましょう。

 

 

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG