注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
八坂神社

【見方が180度変わる!?】八坂神社に行く前に知っておきたい情報まとめ

「八坂神社に行く予定」
「八坂神社の楽しみ方や基本情報が知りたい!」
今回の記事はそんな方へ向けて書いています。

こんにちは!関西の観光情報を発信している「WABI SABI」です!

そんな関西の情報を発信している私たちが今回紹介するのは、京都にある「八坂神社」についてです。

京都祇園の八坂神社といえば、全国各地にある同名の神社の総本社として有名で、修学旅行でもおなじみのスポットとなっています。

現在では観光地として整備され、現地にもくわしい解説を記載した案内板が掲示されていますが、あらかじめ歴史やご利益、見どころなどをチェックしておけば、旅行をさらに楽しむことができるでしょう。

それではさっそく見ていきましょう!

【歴史】古代からの歴史をもち崇敬された神社

八坂神社

八坂神社は、斉明天皇の時代に高句麗からやってきた渡来人が創建したといわれています。

現在はスサノオノミコトが主祭神となっていますが、当時は牛頭天王を祀っていました。

牛頭天王はもとインドの神様ですが、仏教と融合してお釈迦様が説法をした祇園精舎の守護神となります。

外来宗教だった仏教がわが国の風土に根付くとともに、日本の神様は実は仏様が姿を変えて現れたものとする考えも一般化していきますが、そのなかで牛頭天王は性格がよく似たスサノオノミコトと同じ神様と見られるようになりました。

京都が政治の中心となった平安時代には、国に大きな出来事があった場合に、朝廷から幣帛を捧げて安全を祈願する特別な神社として、京都に近い22か所の神社が選ばれます。

これを二十二社制度といいますが、当時祇園社とよばれた八坂神社もランクインしています。

祇園社が現在の名前に変わるのは神仏分離が行われた明治以降ですが、今でも地名に祇園の名が残っています。

元々は疫病神だった!?パワフルな牛頭天王

八坂神社 牛頭天王
出典「アマテラスチャンネル49」

神社で手を合わせれば誰でも家内安全や縁結び、出世開運などの願い事を心のなかに思うものですが、実は祇園社で祀られていた牛頭天王はもともとは疫病神の一種です。

そのままでは病気や不幸などの災いをもたらす神様に違いはないのですが、徹底的に祭り上げれば逆に味方になってもらうことができ、疫病神なだけにご利益もパワフルというのが、昔から信仰されている大きな理由です。

日本の神話に登場するスサノオノミコトも、荒くれ者で姉のアマテラスを困らせ、神々の住む高天原を追放されています。

もっとも神話はこれでは終わらず、高天原から人間界にやってきたスサノオノミコトは、草薙の剣で大蛇のヤマタノオロチを退治し、いけにえにされたクシナダヒメを救い出して、出雲で仲睦まじく暮らすハッピーエンドになっている点は注目されます。

牛頭天王とスサノオノミコトは、ともに乱暴者から人間の世界の守護者へとみごとに転換しており、同一視されたのも納得のいくところです。

重要文化財の楼門など見どころも多い

八坂神社 桜門

八坂神社は四条通と東大路通が交差する場所にあり、京都の町並みのなかでもかなり目立つ存在です。

境内の入口には国の重要文化財になっている朱色の大きな楼門がそびえています。

記念写真を撮影するにも絶好のスポットで、いつでも多くの観光客が散策しています。

楼門の石段を上がって境内に入ると、中央に舞殿、その奥に本殿があります。

この本殿もやはり国の重要文化財で、ふつうの神社では別々になっている本殿と拝殿がいっしょの屋根でおおわれているのが特徴で、境内の見どころのひとつといえるでしょう。

巨大な本殿の裏手や両サイドにも摂社や末社がありますので、あわせて参拝するのがベストです。

本殿では厄除けや良縁を、美御前社では美容を祈願

八坂神社 本殿
出典「八坂神社」

大きな本殿は中央にスサノオノミコト、東西にクシナダヒメなど別の神様が祀られています。

ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトの災厄を払いのけるパワーは強力ですので、厄除けや家内安全を祈願するのがよいでしょう。

また本殿の東側には美御前社とよばれるやや小さなお社が鎮座しています。

こちらは宗像三神という女神たちをお祀りしており、名前のとおり美容の神様として知られています。

美容以外にも財産に恵まれる、芸能が上達するなどのご利益がありますので、ぜひお参りしておきたいところです。

社殿の前には美容水とよばれる御神水が湧き出していますので、数滴を手にとって肌につけるとよいとされています。

似ているご利益が受けられる京都の神社

関連記事

「京都のパワースポットに興味がある!」「地主神社に行く予定だから事前に情報が知りたい!」今回の記事はそんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です!そんな関西[…]

地主神社
関連記事

今回の記事は、諸芸上達のご利益を受けられることで有名な車折神社(くるまざきじんじゃ)についての記事です。車折神社(くるまざきじんじゃ)の基本情報[caption id="" align="aligncenter" width="12[…]

芸能神社

季節限定も含め種類が多い御朱印をいただくには

八坂神社 御朱印
出典「ご朱印びと」

八坂神社を参拝した際には社務所で御朱印をいただくことができます。

他の神社と比べて種類が多くなっていますので、選び方にも注意することがたいせつです

ごくスタンダードなものは明治以前の呼び名の祇園社と墨書きした上に神社の御朱印を押すもので、手書きの場合は初穂料が500円、台紙に書かれたものは300円となっています。

ほかにも美御前社をはじめとした摂末社の御朱印も、台紙に書かれたものを初穂料300円でいただくことができるようになっています。

さらには神社の祭礼である有名な祇園祭が開催された月だけ頒布される限定御朱印などもあります。

限定の場合はあらかじめ時期をたしかめて訪れることが必要です。

八坂神社の基本情報

  • 住所:〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625
  • 電話番号:075-561-6155
  • 拝観時間:9:00~17:00
  • アクセス方法:京阪電鉄京阪本線祇園四条駅から徒歩5分、またはJR京都駅から車で15分です。
  • 駐車場:境内南西側の常磐新殿入口に参拝者駐車場があります。

【旅行者必見!!】京都観光お役立ち情報まとめ

ここでは安井金毘羅宮の情報ではなく、京都観光しに来ている方、もしくは京都観光する予定の方がより充実した旅行ができるような、京都のお役立ち情報を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

今回の記事では、かの有名な「金閣寺」をより踏み込んで楽しむ為に、金閣寺の歴史や豆知識について紹介していきます。京都に来たなら一度は行ってみたい場所「金閣寺」金閣寺はとても有名ですよね!京都に観光しに来たなら一度は足を運びたい[…]

金閣寺
関連記事

今回は、世界遺産にも登録されている京都の観光スポット「清水寺」についての記事です。日本を代表するお寺である清水寺を、より楽しむために【観光情報・歴史・豆知識・グルメ情報・お土産情報】など、清水寺を訪れる上で役立つ情報を徹底解説してい[…]

関連記事

「京都のオシャレなカフェを知りたい!」「SNSで見た、あのカフェ行ってみたいけど名前が分からない・・・」今回の記事は、そんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です![…]

WIFE&HUSBAND

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

八坂神社
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG