注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
きぬかけの路 仁和寺 紅葉

世界遺産【金閣寺・仁和寺・龍安寺】を巡る贅沢な道「きぬかけの路」

「きぬかけの路ってなに?」
「おすすめの観光パターンを知りたい!」
今回の記事はそんな方へ向けて書いています。

こんにちは!関西の観光情報を発信している「WABI SABI」です!

そんな関西の情報を発信している私たちが今回紹介するのは、京都にある世界遺産【金閣寺・仁和寺・龍安寺】をめぐるには最適の「きぬかけの路」についてです。

京都にはたくさんの観光名所があり、その中でも人気の観光スポットをみるにはうってつけのコースがあるんです!

それが「きぬかけの路」です。

それではさっそく見ていきましょう!

はじめに

きぬかけの路

京都市内には多くの世界遺産がありますが、街全体の大きさが手頃なので1日で複数のスポットを巡ることができます。

市内には観光スポットが密集した地域がいくつかあり、清水寺・円山公園周辺の東山エリア・南禅寺から銀閣寺に至る哲学の道・嵯峨野嵐山・京都博物館と水族館がある梅小路エリアなどがあります。

市内の北西部には、東から順番に金閣寺・龍安寺・仁和寺が並ぶ北野エリアがあり、これら3つの世界遺産を結んでいるのが「きぬかけの路」です。

全長は約2.5kmほどで、ゆっくり歩いたとしても1時間もかかりません。短い距離に世界的に有名なお寺が3つもあり、とても魅力的な道のひとつです。

「きぬかけの路」の歴史

きぬかけの路 歴史

きぬかけの路の歴史はとても古く、平安時代までさかのぼることができます。

第59代の宇多天皇(今上天皇は第126代)が真夏の時期に雪景色が見たいと所望して、雪に見立てるために道沿いに白絹をかけたことが「きぬかけ」の由来とされています。

平安時代には金閣寺と龍安寺は存在しておらず、宇多天皇が建立した仁和寺のみがありました。

【お役立ち情報】観光する前に読なきゃ損!

きぬかけの路
出典「渡辺俊一の世界」

北野エリアの観光スポットめぐりを計画している方は、「きぬかけの路」沿いに順番に世界遺産のお寺を巡る方法が一番おすすめです。

可能であれば、宇多天皇の時代と同じように「きぬかけの路」を徒歩で巡ると良いでしょう。

夏の京都市内はとても暑いですが、北野エリアは市内中心部と比べると夏の時期でも気温が低めで過ごしやすい日が多いです。

「きぬかけの路」の北東の端は西大路と北大路の曲がり角の部分にある金閣寺で、道なりに南西方向に進むと順番に龍安寺と仁和寺にアクセスすることができます。

所要時間(徒歩)の目安ですが、金閣寺から龍安寺まで約18分で、龍安寺から仁和寺まで約11分ほどです。

天気が良ければ、歩いて巡るのにちょうどよい距離です。

このルートは歩道が整備されているので、安全に歩いて巡ることができます。

きぬかけの路 金閣寺 龍安寺 仁和寺
出典「きぬかけの路」

金閣寺と龍安寺の間に立命館大学衣笠キャンパスがあり、学内に博物館(国際平和ミュージアム)があります。

お昼の時間帯以外であれば、大学の学生食堂で休憩することもできるので、時間があれば立ち寄ってみると良いでしょう。

お昼を過ぎると金閣寺と龍安寺は多くの外国人観光客で混雑するので、なるべく午前中の早い時間帯に訪問するようにしましょう。

仁和寺は他の2つのお寺と比べて観光客が少ないので、午前の早い時間に金閣寺からスタートして午後に仁和寺に到着するルートがおすすめです。

道の南側には妙心寺や等持院があり、西大路通りを渡ると平野神社と北野天満宮があります。

きぬかけの路 仁和寺 紅葉
出典「まったりと和風」

北野エリアには多くの観光スポットがありますが、おすすめの時期は春と秋です。

春になると金閣寺・龍安寺・等持院で満開の桜を楽しむことができます。

仁和寺の境内には有名な御室桜が植えられていて、背の低い桜の木に咲き乱れる花をまじかで眺められます。

秋の紅葉の時期になると、各寺院の庭園でそれぞれ異なった趣の紅葉風景を楽しむことができます。

金閣寺と龍安寺の紅葉は世界的に有名ですが、仁和寺の境内の紅葉風景も見どころです。

仁和寺は仁王門から本堂の金堂(国宝)の正面までまっすぐに広い通路がありますが、晩秋の時期になると両側に植えられたモミジが真っ赤になってダイナミックで美しい紅葉風景を楽しむことができます。

仁和寺の紅葉は金閣寺や龍安寺と比べると知名度が高くないので訪れる観光客が少なめで、落ち着いた雰囲気の境内でゆっくりと紅葉景色が楽しめる数少ない穴場のひとつです。

きぬかけの路 仁和寺 宿坊御室会館
出典「仁和寺」

仁和寺の境内には「宿坊御室会館」があり、宿泊をすることができます。

御室会館に宿泊をすると「仁和寺御殿」の無料拝観券をもらうことができますし、本堂(金堂)で行われる「朝のお勤め」に参加できます。

ちなみに御室会館に宿泊することは、寺院関係者以外の一般人が国宝に指定されている金堂に立ち入るための唯一の手段です。

龍安寺 七草湯豆腐
出典「日本の遺産」

冬の時期でも、北野エリアに行けば春や秋とは異なる趣を感じることができます。

冬になると龍安寺の境内にある西源院で、「七草湯豆腐」(1,500円)をいただくことができます。

「七草湯豆腐」というのは室町時代に中国から伝わった精進料理で、野菜を散りばめた美しい湯豆腐です。

仁和寺の境内にある御室会館の和食処「梵」では、ヘルシーな湯葉メニューがおすすめです。

冬になると京都市中心部から離れた北野エリアはとても寒くなりますが、熱い湯豆腐をいただきながら「きぬかけの路」を巡って冬の京都を味わってみるのはいかがでしょうか。

金閣寺・仁和寺・龍安寺のお役立ち情報

きぬかけの路 金閣寺

きぬかけの路を通りほとんどの人が巡る寺院が「金閣寺・仁和寺・龍安寺」なのではないでしょうか?

ここではそれぞれの寺院を更に楽しむためのお役立ち情報がまとめられた記事をご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

今回の記事では、かの有名な「金閣寺」をより踏み込んで楽しむ為に、金閣寺の歴史や豆知識について紹介していきます。京都に来たなら一度は行ってみたい場所「金閣寺」金閣寺はとても有名ですよね!京都に観光しに来たなら一度は足を運びたい[…]

金閣寺
関連記事

今回の記事は京都の世界遺産「仁和寺(にんなじ)」についての記事です。観光する前に知っておきたいお役立ち情報や見どころを紹介していきます!仁和寺(にんなじ)ってなに?[caption id="" align="aligncen[…]

仁和寺
関連記事

「龍安寺に行く予定で、見どころや楽しみ方を知りたい!」「龍安寺ってどんな歴史がある寺院なの?」今回の記事はそんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です!そん[…]

龍安寺 方丈庭園

付近へのアクセス方法

きぬかけの路 アクセス方法

北野エリアへのアクセス方法ですが、金閣寺をスタートして徒歩で仁和寺に向かう場合には西大路通沿いにある市バスのバス停「金閣寺道」下車すると便利です。

京都駅・梅小路京都西駅・阪急西院駅からアクセスする場合は、市バス205系統「西大路経由北大路バスターミナル行き」がおすすめです。

嵐山方面からは京福電鉄北野線が便利です。仁和寺のすぐ近くに京福電鉄北野線の御室仁和寺駅があるので、西大路通りまたは嵐山方面に向かうことができます。

京都観光のお役立ち情報

京都観光
photo by@t_smile822

この項では、京都でさらに充実した観光できるような情報がまとめられているオススメ記事を紹介していきます。

京都に遊びに行く方はぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

「嵐山旅行でキモノフォレストに行く予定!」「SNSで見かけたキモノフォレストってどんな場所?」今回の記事はそんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です!そん[…]

着物フォレスト
関連記事

今回は、世界遺産にも登録されている京都の観光スポット「清水寺」についての記事です。日本を代表するお寺である清水寺を、より楽しむために【観光情報・歴史・豆知識・グルメ情報・お土産情報】など、清水寺を訪れる上で役立つ情報を徹底解説してい[…]

関連記事

「京都のオシャレなカフェを知りたい!」「SNSで見た、あのカフェ行ってみたいけど名前が分からない・・・」今回の記事は、そんな方へ向けて書いています。こんにちは!関西中心に観光情報を発信している「WABI SABI」です![…]

WIFE&HUSBAND
関連記事

今回の記事は京都のインスタ映えスポットとして話題となっている「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」の「くくり猿」についての記事です。八坂庚申堂(やさかこうしんどう)ってどんなところ?[caption id="" align="alig[…]

八坂庚申堂

 

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

きぬかけの路 仁和寺 紅葉
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG