注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。
金閣寺

【見方が180度変わる!!】金閣寺の歴史や豆知識、楽しみ方まとめ

今回の記事では、かの有名な「金閣寺」をより踏み込んで楽しむ為に、金閣寺の歴史や豆知識について紹介していきます。

京都に来たなら一度は行ってみたい場所「金閣寺」

金閣寺はとても有名ですよね!京都に観光しに来たなら一度は足を運びたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

建物に金箔が惜しみなく使われ、鏡湖池のほとりにたたずむ金閣寺は思わず足を止めて見入ってしまうくらい人を惹きつける魅力がある建物です。

金閣寺の正式名称・歴史を知っていますか?

冬の金閣寺
photo by @t_smile822

金閣寺は臨済宗相国寺派の禅寺で正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)と言います。舎利殿(しゃりでん)「金閣」が特に有名なため一般的には金閣寺と言う名で親しまれています。元としては、鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、「山荘北山殿」と呼ばれる大規模な邸宅を造ったのが始まりとされています。

金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、この時代の文化を特に北山文化と呼びます。義満の死後、遺言により舎利殿「金閣」を残して解体され禅寺となり、禅寺の名前は義満の法号鹿苑院殿から2字をとって鹿苑寺と名づけられました。この唯一残された舎利殿(お釈迦さんのお骨を祀る建物)こそが、通称「金閣寺」に由来する建物で、鏡湖池のほとりに建つその姿はあまりに有名です。

金閣寺は一度全焼している!?

現在私たちが観ている金閣寺は、実は一度建て直されたものです。

金閣寺は1950年にある青年僧による放火で焼失しています。世界遺産にも登録され、教科書にも載るほど素晴らしい建築物が放火により焼失するのも信じられない話ですが、放火の動機も「美しさに嫉妬したから」とかなりぶっ飛んだ理由です。それほど金閣寺という建物は人々に感動や興味をもたれる建築物と言うことが分かります。

また、この放火事件について三島由紀夫は「金閣寺」という小説を執筆しています。金閣寺に火をつけたこの寺に住む僧の目線に立ち、その幼少期から放火に至るまでの僧の内面をとても生々しく描いています。

金閣寺の構造には隠された意味がある!?

金閣寺

金閣寺の構造を知ることでより踏み込んで金閣寺を楽しむことができます。

まず金閣寺はの構造としては、一層目は寝殿造の「法水院(ほうすいいん)」で公家の象徴、二層目は武家造で「潮音洞(ちょうおんどう)」で武士の象徴、三層目は「究竟頂(くっきょうちょう)」と呼ばれる中国風の禅宗仏殿造は足利義満自身を表しているとされています。

鏡湖池の中央には小さな島が浮かんでおり、それを豊葦原の瑞穂の国である日本を表して足利義満が金閣寺からこの島を見下ろし天下掌握を祈願したと伝えられています。

季節によって姿を変える金閣寺

金閣寺

日本には四季があります。それぞれの季節によって違った姿の金閣寺が楽しめるのも魅力です。特にこれからの季節「秋・冬」には紅葉や雪景色により、一層幻想的な風景を楽しむことができます。

施設情報

住所:〒603-8361 京都市北区金閣寺町1

電話番号:075-461-0013

ホームページ:http://www.shokoku-ji.jp/

~アクセス方法~

市バス「金閣寺道」下車徒歩5分

市バス「金閣寺前」下車徒歩1分

~料金~

【料金】高校生以上400円、小中学生300円

【障がい者割引】本人のみ高校生以上300円、小中学生無料※障害者手帳の提示が必要

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

金閣寺
最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG