注目キーワード
  1. 京都
  2. 大阪
  3. 奈良
  4. 紅葉
WABI SABIは関西の観光に役立つ情報を発信する訪日メディアです。

世界で人気!日本の【盆栽-BONSAI-】まとめ

盆栽は「BONSAI」と呼ばれ、最近では世界中で人気が高まってきています。今回は日本人として最低限知っておきたい知識のまとめをご紹介します。

盆栽とは

盆栽

盆栽とは小さな鉢の中で自然の様々な姿を創り出す芸術作品で、鎌倉時代から始まったと言われています。ただ単に植えるだけで完結する芸術作品ではなく、植えた後の育てる過程で、自然の厳しさ・美しさなどの趣を凝縮して魅せているのです。そして、どの盆栽の表現も考えられた意図と技術が盛り込まれており、かなり奥が深いです。

盆栽の種類

盆栽には種類があり、基本はその中から自分好みの盆栽を創り出しています。その中からいくつか盆栽の種類をご紹介します。

松柏盆栽(しょうはくぼんさい)

盆栽の中でも有名な「松」も松柏盆栽(しょうはくぼんさい)と呼ばれる盆栽です。松柏盆栽(しょうはくぼんさい)は常緑針葉樹でつくられた盆栽のことで、育てやすく長い年月の経過によって深い趣を醸し出します。初心者の方向けの盆栽ではありますが、育て方によっては全く異なる芸術作品になるので愛好家からの人気も高いです。中でも「黒松」が松柏盆栽(しょうはくぼんさい)で一番有名な種類です。

雑木盆栽(ぞうきぼんさい)

雑木盆栽(ぞうきぼんさい)とは落葉樹、広葉樹の盆栽で「もみじ・けやき・楓」などがあげられます。葉や枝の美しさが感じられ、春・夏・秋・冬のそれぞれで違った景色を楽しむことができる盆栽です。枝の管理などが高い技術を必要としており、木の種類によって育て方が全く異なってきます。

実物盆栽(みものぼんさい)

秋や冬などに果実がみのる樹種の盆栽のことを実物盆栽(みものぼんさい)といい、果実だけでなく、花が咲いたり紅葉をしたりするので四季ごとの風情を感じながら楽しめる盆栽です。中でも、「姫りんご・かりん・サクランボ」などが人気な樹種です。育て方を間違えてしまうと果実がみのらない場合があるので注意が必要です。

花物盆栽(はなものぼんさい)

花物盆栽(はなものぼんさい)とは、花が咲く盆栽のことで、桜や梅などが代表的な樹種です。樹種によって花が咲く時期が異なってくるので、1年中楽しめる盆栽となっています。また、花物盆栽(はなものぼんさい)は見た目的にインテリアなどに馴染みやすく、身近で四季を感じることができます。

盆栽の育て方

盆栽は創るときだけでなく育て方によって風情が変わってきます。盆栽を育てるうえで最低限知っておきたい知識をご紹介します。

水やり

盆栽は水をやらなければ枯れてしまうので、水やりは盆栽において一番重要な作業と言っても過言ではありません。基本的に土が乾いたタイミングで水をたっぷりと与えるのが正しいのですが、なかなか見極めるのが難しいです。なので、最初の間は季節によって水を与えるタイミングを決めておくとよいでしょう。基本的に「春は一日一回」、「夏は一日三回」、「秋は一日二回」、「冬は二日に一回」を心掛けて水やりをすれば問題ないです。

植え替え

盆栽は育て始めてからだいたい二、三年経ったタイミングで植え替えが必要になってきます。水はけが悪くなったり、土の色が変化してきたら植え替えをしてあげましょう。植え替えをしないと植物の根が多くなり「根詰まり」が発生し、盆栽が弱ってきてしまいます。植え替えでは植物にとって大切な根を切っていく作業も入るのでかなり慎重に行うようにしましょう。

置き場所

盆栽は樹種がもともと生活していた環境に近い場所に置きましょう。害虫を避けたり、風通しをよくするためにも地面の上に直接置くようなことは絶対にしてはいけないので注意が必要です。雪や日差しが強すぎる場合などは避難させたり、調整したりしてあげるのが良いです。

剪定(せんてい)

剪定(せんてい)とは植物の枝などを切っていくことをいい、剪定(せんてい)することによって枝の伸びるスピードにおける全体のバランスを均一にします。さらに、剪定(せんてい)によって樹形の形が整い、盆栽としての魅力も一気に上がります。剪定(せんてい)では「強い枝を切ると新しい芽が出たり、弱い枝が成長する」というのが基本の考え方で、慣れてくると将来の樹形を考えながら剪定(せんてい)していく人も多いです。

針金の使い方

盆栽では形をつくるために針金を使います。枝に針金を巻き付けたりすることで枝を矯正し、悪い部分を修正しながら良い部分を伸ばすことができます。針金掛けには針金、針金切り、ペンチが必要で、最初の間は曲げやすい針金がおすすめです。針金は下から上の方向に掛けていくとよいでしょう。

盆栽が世界で人気なわけ

盆栽

盆栽には日本ならではの「わびさび」を感じることができ、インテリアとしても楽しめるので、「BONSAI」と外国では呼ばれ、人気は増加するばかりです。1989年に盆栽の世界大会が開催され、大会登録国は31か国にもなっています。有名な盆栽師は世界中で講演会の依頼が殺到してるほどの人気ぶりです。

おすすめの観光地や疑問について何でも答えます!
「WABI SABI公式LINE」友達追加はこちら↓

WABI SABI LINE@

最新情報をチェックしよう!
>読むだけで日本を体験

読むだけで日本を体験

WABI SABIは訪日観光客・訪日留学生向けに情報を発信するインバウンドメディアです。東京に次ぐ大都市である大阪・京都を拠点に日本全国の情報を各地域ごとに紹介していきます。旅行のコーナーでは日本食・オススメ観光地・宿泊情報を紹介。文化では日本のマナー・伝統・日本語について紹介。訪日留学生のコーナーでは、大学情報・留学生の生の声・ライフスタイル、趣味・娯楽を紹介していきます。

読むだけで日本を体験でき、日本を深く知ることが出来る。そんなきっかけを与えられる日本一のインバウンドメディアにしていきます。

CTR IMG